体脂肪を燃やすアミノ酸効果

アミノ酸でダイエットできる仕組み

まず体脂肪を減らすにはどうしたらよいか。脂肪組織を作っている脂肪細胞の数は大人になってからは変化しないといわれています。ただこの細胞は、細胞の中に脂肪をいくらでも溜め込めるといっていいくらいに膨れることが出来ます。溜め込んだ体脂肪を減らすためには、この細胞自身に脂肪を消費させるか、細胞から脂肪を分解させて血中に放出させ、これをエネルギーとして消費させなくてはなりません。

運動をすれば脂肪もエネルギー源に使われます。しかし、筋肉は運動のためのエネルギー源として脂肪を燃焼させるよりは、もっと簡単で素早くエネルギー源になるブドウ糖や、アミノ酸の一種であるクレアチンとリン酸が結合してできたクレアチンリン酸などを先に使おうとします。運動で血中のブドウ糖が消費されても、それを補うように筋肉や肝臓中のグリコーゲンが分解してブドウ糖を供給し続けます。ですから、マラソンのように大量のエネルギーを消費する運動をしないことには、なかなか脂肪の燃焼までには至りません。そもそも脂肪組織は出来るだけエネルギーを無駄にしないためにある組織です。他のエネルギー減が枯渇して来た頃にようやく利用されるというのは、身体にとっては合理的です。逆にダイエットにとってはこの点こそが困りもの、というわけです。

「さて、脂肪組織が脂肪を出来るだけ無駄にしないように貯えているといいましたが、同時に脂肪組織には積極的に脂肪を燃焼させて熱にしてしまう能力が備わっています。これには生物学的な意味があります。つまり、体温の低下を防ぐために脂肪組織が熱を生み出すのです。ただし、脂肪組織全部にこのような性質があるわけではなく、脂肪細胞の種類の中でも褐色脂肪細胞という細胞が特にこの性質が強いことがわかっています。褐色脂肪細胞は冬眠動物に多いといいます。人間も体重の数パーセントが褐色脂肪組織です。それならそこをせめるのが効果的ですね。

脂肪組織の脂肪燃焼を促す要因として交感神経や感覚神経があります。つまり交感神経を刺激することによって脂肪を燃やし、体脂肪を減らせるというわけです。これらの神経を活性化する方法や物質は種々知られていますが、食品の成分ではカフェインが代表的です。最近健康食品でもよく用いられている赤唐辛子の辛み成分カプサイシンもその一つです。

生体内で交感神経を刺激している物質の代表的なものはノルアドレナリンです。ノルアドレナリンは、アミノ酸のフェニルアラニンやチロシンを原料に細胞が作り出す物質で、アドレナリンにも変化します。ストレスで脳のノルアドレナリン量が減少した動物にチロシンを与えた結果、ストレスに対する抵抗性が高まったという報告がありますが、健常の人がチロシンを食べたからといってノルアドレナリンが増えるとはいえないようです。ヒスタミンも交感神経刺激物質で、ヒスタミンはアミノ酸のヒスチジンから作られます。

脂肪が細胞内でエネルギーになる際には、脂肪は脂肪酸とグリセリンにまず分解され、脂肪酸が細胞内のミトコンドリアという器官に取り込まれて代謝されます。この時に、大半の脂肪酸はカルニチンという物質と結合しなければミトコンドリアに取り込まれません。カルニチンは、体内でアミノ酸のリジンから作り出される物質です。米国では、カルニチンの摂取が脂肪の燃焼を促進するという視点から、ダイエット用のサプリメントにカルニチンが使われています。

美白効果の高いクリーム

美白クリームのアルバニアは、今まで不可能と言われてきたシミ消しを実現しました。
http://kirei-skin.net/content/99/
もし顔にできたシミにコンプレックスがあるなら、一度は試してみて頂きたいです。

他のコンテンツ

シミやしわが少なくて潤いと弾力のある肌、美肌は女性にとって永遠のテーマです。いえ、男女を問わず美しく健康な肌を誰しも保ちたいと思います。美白化粧料は多くの女性達にとっては夏の必需品になっています。
続きを読む
人間の身体には、髪の毛と体毛を合わせて約200万本もの毛が生えています。そのうち髪の毛の本数は約2万本です。一本一本の毛は、真皮層に位置する毛包と呼ばれる器官で作られます。
続きを読む
何かと悪者扱いされていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として無くてならない物質です。つまり、コレステロールは身体の成分といえるのです。
続きを読む
血液は血管を通って全身に酸素や栄養分を供給し、また老廃物や二酸化炭素を運び出します。血管はそのための大切な流路で、高い柔軟性を持っています。血管の内径が太くなったり細くなったりすることによって、血圧が変化します。
続きを読む
ページのトップへ戻る