コレステロールを下げるアミノ酸

コレステロールに関する間違った知識

何かと悪者扱いされていますが、コレステロールは細胞膜の構成成分として無くてならない物質です。つまり、コレステロールは身体の成分といえるのです。ですから、動物性・植物性を問わず、細胞からなる食材はみなコレステロールを含んでいます。コレステロールを原料として、生体にとって重要な数多くの物質が作られてきます。

コレステロールはこのように大切な物質ですから、私たちの身体は自分に適した量のコレステロールを作ったり確保するための仕組みを備えています。「私たちは、コレステロールを自分で作りながら、食事からもコレステロールを取り込むように出来ています。しかし、コレステロールの中でもLDLと呼ばれるコレステロールが血中にあまり多くなると、動脈硬化のリスクが高まって危険とされています。欧米型の食生活はコレステロールを多く摂取しがちになるため、食生活が欧米化して来た日本でも血中のコレステロールが高い高脂血症の方が増えています。それを反映して、医薬ではコレステロールを下げる薬が非常に大きな市場を形成していますし、コレステロールの低下作用を持つ食品は特定保健用食品の主要なジャンルの一つになっています。

血中のコレステロールを下げるには、いくつかのアプローチが考えられます。肝臓でのコレステロールの合成を抑える、食品中のコレステロールが生体内に吸収されるのを抑える、コレステロールの分解を促進する、そして何より、コレステロール量の多い食品の摂取を控えることです。ただ、単に食品成分表でコレステロール量が多いからダメということでも無いようです。コレステロール量が多い食品の代表選手は卵、それも卵黄に特に多量のコレステロールが含まれます。たしかに、卵黄だけの摂取は血中のコレステロールを高くします。

ところが、卵の白身と黄身と同時に食べた場合には、血中のコレステロール値の上昇が抑えられるのです。その理由は、卵の白身に含まれる成分にあると考えられています。メチオニンやシステインなどの含硫アミノ酸にはコレステロール低減作用が報告されていますが、卵の白身は含硫アミノ酸を多く含んでいます。メチオニンからはタウリンという物質が作られます。タウリンにはコレステロールの分解を促進する作用が知られています。

コレステロールを低減する作用で注目度が高いものに大豆タンパク質があります。大豆タンパク質を加水分解してペプチド化したものはコレステロールを下げる作用が特に強く、その作用メカニズムとしてはコレステロールと胆汁酸の複合物が腸で再吸収されるのを防ぐ作用が考えられています。大豆タンパク質をペプチド化した物に、さらに大豆のリン脂質を結合させたCSPHPという物質にはより強力なコレステロール低減作用があり、CSPHPを用いた特定保健用食品が厚生労働省の認可を受けて販売されています。

今話題の新ダイエット方法とは?

今全く新しいタイプのダイエットが流行っています。それが細胞ダイエット。細胞を痩せる細胞へチェンジし、ダイエットを成功させようという方法。細胞ダイエットをするにはリポクライセルと言うサプリが人気です。リポクライセルを毎日飲むだけで、体の中から痩せやすい細胞へチェンジ。まさに痩せ体質になれるんです。

他のコンテンツ

まず体脂肪を減らすにはどうしたらよいか。脂肪組織を作っている脂肪細胞の数は大人になってからは変化しないといわれています。ただこの細胞は、細胞の中に脂肪をいくらでも溜め込めるといっていいくらいに膨れることが出来ます。
続きを読む
シミやしわが少なくて潤いと弾力のある肌、美肌は女性にとって永遠のテーマです。いえ、男女を問わず美しく健康な肌を誰しも保ちたいと思います。美白化粧料は多くの女性達にとっては夏の必需品になっています。
続きを読む
人間の身体には、髪の毛と体毛を合わせて約200万本もの毛が生えています。そのうち髪の毛の本数は約2万本です。一本一本の毛は、真皮層に位置する毛包と呼ばれる器官で作られます。
続きを読む
血液は血管を通って全身に酸素や栄養分を供給し、また老廃物や二酸化炭素を運び出します。血管はそのための大切な流路で、高い柔軟性を持っています。血管の内径が太くなったり細くなったりすることによって、血圧が変化します。
続きを読む
ページのトップへ戻る